学生 島耕作 / 弘兼憲史

物語の舞台は1966年の東京。
受験戦争を乗り越え、夢と希望を胸に抱き
“都の西北”早稲田大学法学部に入学した
山口県岩国市出身の島耕作、18才。
大学生活の中で触れる、心許しあえる仲間との友情、
刺激的な人々との交流、そして心惹かれる女性との出会い——。
高度経済成長、そして学生運動まっさかりの激動の時代に、多くの邂逅や経験を経て一人の青年がどう成長していくのか、後に大企業のトップに立つ男の「原点」となる青春時代を描きます!

この作品をWebで読む »

もっと見る

単行本情報 »

  • 学生 島耕作 (4)

    イブニング

    学生 島耕作 (4)

    弘兼憲史

    発売日:2016/05/23
    定価:本体556円(税別)

  • 学生 島耕作 (3)

    イブニング

    学生 島耕作 (3)

    弘兼憲史

    発売日:2015/11/20
    定価:本体556円(税別)

  • 学生 島耕作 (2)

    イブニング

    学生 島耕作 (2)

    弘兼憲史

    発売日:2015/06/23
    定価:本体556円(税別)

  • 学生 島耕作 (1)

    イブニング

    学生 島耕作 (1)

    弘兼憲史

    発売日:2014/11/21
    定価:本体556円(税別)

※単行本の定価は変更になる場合があります。
※電子版の価格は紙と異なる場合があります。

著者プロフィール

プロフィール画像

弘兼憲史(ひろかねけんし)

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)で第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』で第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』で2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞と2003年漫画家協会賞大賞を受賞。2007年には紫綬褒章を受章している。
主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『会長 島耕作』(モーニング)『学生 島耕作』(イブニング)『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)コラム『パパは牛乳屋』(週刊朝日)を連載中。

この作品の関連ニュース »