創世のタイガ / 森恒二

「何に対しても心から感動したことがない。まるで現実との間に薄い膜があるみたいだ」

大学で人類学のゼミを専攻している青年タイガは仲間達7人とオーストラリアに卒業旅行に出かけて、思わぬ出来事に巻き込まれる。

『ホーリーランド』『自殺島』で圧倒的な支持を受けた森恒二が、担当M中の執拗なラブコールに応えて「イブニング」に参戦!

この作品をWebで読む »

著者プロフィール

森恒二(もりこうじ)

1966年生まれ、東京都出身。
2000年より『ホーリーランド』を「ヤングアニマル」(白泉社)にて連載開始。2005年にはテレビ東京系で、2012年には韓国でテレビドラマ化されるほどの大ヒットを記録。
2008年より同誌にて『自殺島』を連載。
自身の経験や取材に基づくリアルな描写を得意とし、社会の抱える問題に切り込んでゆく。
格闘技の愛好家で、プロの格闘家ともトレーニングを行うほど。

2017年より「イブニング」にて待望の新作『創世のタイガ』を連載開始!

この作品の関連ニュース »