『学生 島耕作』①巻11.21発売記念! “弘兼憲史×糸井重里”スペシャル対談が本日発売のイブニングに掲載!

2014/11/11 00:00

インタビュー・対談

11月21日(金)にいよいよ発売される弘兼憲史『学生 島耕作』第①巻!

その限定版には、LOFTの手帳部門での売り上げが10年連続第1位を記録している“ほぼ日手帳”の『学生 島耕作』別注モデルが付いてきます(関連記事)。

ほぼ日手帳付きの限定版は超レアですよ!

ほぼ日手帳付きの限定版は超レアですよ!


このコラボレーションを記念し、“ほぼ日手帳”の生みの親であるコピーライターの糸井重里氏と、『学生 島耕作』の作者・弘兼憲史氏とのスペシャルな対談が実現!

同年代、そして還暦を過ぎてなお第一線で活躍するトップクリエイター同士である二人が相見えるとき、一体どんな化学反応が起こるのか——!?

本誌7ページにわたる大ボリューム対談の冒頭を、特別公開!


【弘兼憲史×糸井重里スペシャル対談】


手塚さん、上村さん、つげさん、永島さん、ちばさん
——全員がスターで、漫研のみんなの教科書でした


“ほぼ同年代”のお二人が漫画を語るスペシャル企画!

“ほぼ同年代”のお二人が漫画を語るスペシャル企画!


——お二人は同世代でいらっしゃいますが、漫画家の弘兼さん、そして漫画好きを公言されている糸井さん、お二人の漫画の歴史を教えてください。

弘兼憲史(以下、弘兼)
子供のときはやっぱり「少年」(注1)とか「少年画報」(注2)とか読んでました。

糸井重里(以下、糸井)
僕も読んでました。「少年マガジン」も「サンデー」も「ビッグコミック」も。

——お二人とも、昔からいろいろと読んでいらっしゃったんですね。弘兼さんは漫画家として影響を受けた作家さんはいらっしゃいますか?

弘兼
影響を受けたのは手塚治虫さんと上村一夫さん(注3)、つげ義春(注4)さんですね。あと、永島慎二(注5)さんも好きでした。

糸井
そう言われると、なんか結びつきますね。

弘兼
最初は手塚さんで、それから永島さんの『漫画家残酷物語』で、大学時代はつげさんの『ねじ式』、あと上村さんの『怨獄紅』や『密猟記』『同棲時代』あたりをずっと読んでいました。

糸井
なるほど。僕は上村さんと付き合いがあったんですよ。

弘兼
僕もかわいがってもらった時期がありました。新宿のスタンドバーとか、そういう場所でよく飲んでおられて……。電話がかかってきて、「来いよ」と言われて、「ちょっと手があきそうだから行きます」と言って駆けつけると上村さんがいないんです。「あれ?」ですよ(笑)。そしたらテーブルの下で横になって寝てましたね(笑)。

糸井
事務所でもお酒を飲みながら絵を描かれていました(笑)。上村さんといえば、阿久悠(注6)さんの詩の世界と上村さんの劇画が同じ世界観で……。

弘兼
そうでしたね、はい。「ざんげの値打ちもない」(注7)とか、ああいう感じの。

糸井
そうです。そういう世界を描いて、その流れが弘兼さんの『人間交差点』(注8)とかに繋がっていくんでしょうか。

弘兼
まさにそうですね。上村さんをはじめ、手塚さんも永島さんも全員スターでしたからね。漫研(注9)のみんなの教科書でした。あと、つげさんの作品はエロかったですね。

糸井
エロいですね。『ゲンセンカン主人』(注10)とか。そういえば、「島耕作」って『ゲンセンカン』の影響を受けていませんか? ヌードの描き方とか!

弘兼
影響受けていますね。中年女性の腹のたるみ具合とか。

糸井
ビックリ! 今の繋がりはすごく面白いです。

弘兼
あと、少年漫画としてはちばてつやさんも好きでした。『紫電改のタカ』(注11)とか泣きながら読みましたからね。

糸井
ああ、そして『のたり松太郎』(注12)に行くんですよね。

弘兼
『のたり』はね、ちばさんだからできることですが、鼻毛をほじるだけで2ページぐらい使うんですよ(笑)。そんなことをやったら普通の漫画家は怒られますよ(笑)。

糸井
あと、松太郎の相方の田中清のキャラクターが秀逸で。田中でどれだけ持たせたかっていう。田中の使い方って、弘兼さんのやっていることと結構近いですよね。

弘兼
『会長 島耕作』で島耕作の秘書の万亀萌というキャラクターの使い方と、ちょっと似ていますね。

糸井
なるほど。後の漫画家たちに相当影響を与えていると思います。


(注1)「少年」
光文社がかつて発行していた月刊少年漫画雑誌。横山光輝の『鉄人28号』や、藤子不二雄A(当時は藤子不二雄)の『忍者ハットリくん』といった人気漫画作品を次々と生み出した。

(注2)「少年画報」
少年画報社がかつて発行していた月刊少年漫画雑誌。藤子不二雄、手塚治虫などトキワ荘に住んでいた者を含むそうそうたる作家陣が連載していた。

(注3)上村一夫
竹久夢二を連想させる女性像と独特の劇画タッチの画風を確立した漫画家。代表作に『修羅雪姫』『同棲時代』『悪魔のようなあいつ』など。

(注4)つげ義春
「月刊漫画ガロ」を中心に活躍した漫画家。全共闘世代の大学生を始めとする若い読者を獲得し、『ねじ式』『ゲンセンカン主人』などのシュールな作風の作品が高い評価を得た。

(注5)永島慎二
「月刊漫画ガロ」を中心に活躍した漫画家。赤裸々な青春像を巧みなタッチで描いた作品が支持された。代表作に『漫画家残酷物語』『フーテン』『若者たち』など。

(注6)阿久悠
ピンクレディーや沢田研二など、多くの人気歌手の歌を手掛けた作詞家。ほかにも放送作家、作家、詩人としても活躍し、紫綬褒章、旭日小綬章を受章している。

(注7)「ざんげの値打ちもない」
1970年に発売された、阿久悠作詞による北原ミレイのデビューシングル。

(注8)『人間交差点』
「ビッグコミックオリジナル」で連載されていた原作・矢島正雄、作画・弘兼憲史による青年漫画。人と人との関わりの中で生まれる喜びや悲哀を描いたオムニバス作品。

(注9)漫研
漫画研究会の略称。弘兼氏は早稲田大学在学中、漫画研究会に所属していた。

(注10)『ゲンセンカン主人』
つげ義春による短編漫画。前世や因果、輪廻など仏教的なモチーフを前面に押し出した、恐怖漫画かつ幻想漫画とも言える作品。

(注11)『紫電改のタカ』
太平洋戦争末期に日本海軍の最後の希望として配備され、防空戦で奮戦した戦闘機「紫電改」に搭乗するパイロットとその周囲の人々を描いた戦記漫画。

(注12)『のたり松太郎』
人並み外れた怪力を持つ暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士に育つまでを描いた漫画。


対談の続きは是非本誌でご確認を!

対談の続きは是非本誌でご確認を!


「イブニング」23号は本日発売!

「イブニング」23号は本日発売!



『学生 島耕作』①巻限定版をAmazon.co.jpでチェック!


今回の対談の“ほぼ日バージョン”が、「ほぼ日刊イトイ新聞」にも掲載決定!

公開は間もなくです。また違った切り口での二人の対談をお楽しみに!

「ほぼ日刊イトイ新聞」


弘兼憲史氏デビュー40周年記念の特集本発売!



弘兼憲史氏のデビュー40周年(関連記事)を記念した初の特集本が発売されました!

2万字にわたる特別インタビュー、中川翔子さんや武田鉄矢さん、吉永小百合さんなど、弘兼作品を愛する著名人の方々との対談やインタビューも掲載されています。

1982年発表の初期作品『ホットドッグララバイ』や、中川翔子さんが選んだ「島耕作」シリーズの傑作エピソード2本も掲載。

弘兼憲史氏の40年が詰まった貴重な一冊! 是非お買い求めください!


「総特集 弘兼憲史: デビュー40周年記念号」をAmazon.co.jpでチェック!



イブニングの最新情報はTwitterでもお届け中!



  • 学生 島耕作 (1)

    イブニング

    学生 島耕作 (1)

    弘兼憲史

    発売日:2014/11/21
    定価:本体556円(税別)

  • 学生 島耕作 (1) 限定版“ほぼ日手帳WEEKS 2015”付き

    イブニング

    学生 島耕作 (1) 限定版“ほぼ日手帳WEEKS 2015”付き

    弘兼憲史

    発売日:2014/11/21
    定価:本体2500円(税別)

イブニング

イブニング

イブニング2017年1号
2016年12月13日発売
定価:本体352円(税別)
まもなく発売

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    イブニング

    めしにしましょう

    小林銅蟲

    Webで読む

  • 第2位

    イブニング

    累 —かさね—

    松浦だるま

    Webで読む

  • 第3位

    イブニング

    ばくばく!バクチごはん

    原作 島田英次郎 漫画 高橋コウ

    Webで読む

  • 第4位

    イブニング

    いとしのムーコ

    みずしな孝之

    Webで読む

  • 第5位

    イブニング

    学生 島耕作

    弘兼憲史

    Webで読む

  • ペン太のこと(第2部)
  • 林明輝『ラーメン食いてぇ!』

イブニング

イブニング

イブニング2017年1号
2016年12月13日発売
定価:本体352円(税別)
まもなく発売

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

「イブニング電子版」PC・スマホ・タブレットでいつでも読める!毎月第2・第4火曜日配信

アクセスランキング

  • 第1位

    イブニング

    めしにしましょう

    小林銅蟲

    Webで読む

  • 第2位

    イブニング

    累 —かさね—

    松浦だるま

    Webで読む

  • 第3位

    イブニング

    ばくばく!バクチごはん

    原作 島田英次郎 漫画 高橋コウ

    Webで読む

  • 第4位

    イブニング

    いとしのムーコ

    みずしな孝之

    Webで読む

  • 第5位

    イブニング

    学生 島耕作

    弘兼憲史

    Webで読む

こちらもオススメ!