【第35回イブニング新人賞応募受け付け中】『累 —かさね—』松浦だるま氏スペシャルインタビュー・後編!【締め切りは3月31日】

2017/03/14 00:00

インタビュー・対談

現在募集中の「第35回イブニング新人賞」関連記事)で特別審査員長を務める松浦だるま氏もイブニング新人賞出身!

ということで、松浦だるま氏にスペシャルインタビューを敢行!

受賞してデビューするまでの道のり『累 —かさね—』誕生の裏話を語っていただいた前編(関連記事)に続き、後編の今回は連載を通しての気付きやイブニング新人賞での審査のポイントなど、応募者が気になる情報を語っていただきました!

松浦だるま氏のデビュー作『累 —かさね—』は単行本⑩巻まで発売中。

松浦だるま氏のデビュー作『累 —かさね—』は単行本⑩巻まで発売中。



『累 —かさね—』松浦だるま氏スペシャルインタビュー・後編

(「イブニング」2017年6号に掲載)


「描きたい」という熱意

——デビュー作『累』はどのように生まれたのでしょう?

松浦だるま(以下、松浦)
『累』は「美醜」をテーマにした作品ですが、「美醜」の部分は後から加わっていったテーマで、最初は「口づけをすると顔が入れ替わる」というアイデアから始まりました。
というのも私は、『累』を描く以前では「美醜」について深く考えたことがなかったんです。でも、『累』のプロットを作っていく中で、それが人間誰しも逃れられないテーマであることや、私自身も心の奥底でずっと気にかかっていたことがいくつもあると気づいたんです。
それに「美醜」をテーマにした漫画はこれまでに多くあったと思いますが、普通は美しい側を主人公にして感情移入をさせるパターンが多かったんです。醜い側を主人公とし、読者に感情移入をさせるような漫画は少なかったので、そういう部分でもやりがいはあると思いました。
あの当時は自分が何を描けるのか分からないほど、描いてきた原稿のページ数が圧倒的に足りず、難しいテーマだとは思っていましたが、「描きたい」という気持ちが勝ったんだと思います。

それまで前例が少なかった醜い存在を主人公としている『累』だが、多くの読者の共感を得ている。

それまで前例が少なかった醜い存在を主人公としている『累』だが、多くの読者の共感を得ている。


「やるしかない」

——デビュー後、連載を通じて苦労したこととかありますか?

松浦
〆切については、常に苦労していますね(笑)。大変というか不安だったのは、ネーム(※)が出来るのに何日かかるかがとにかく分からなかったことですかね。連載が始まる前は1年かけて描いてきたネームが、連載が始まると、イブニングでは2週間で1話を描いていかなきゃいけません。原稿作業の時間を考えるとネームに割けるのはおおよそ1週間。1週間でネームを描いていく必要があったんです。
※ ネーム
コマ割り、コマ毎の構図、セリフ、キャラ配置などを大まかに表したもの。

——そこは、新人漫画家さんは誰しも通る課題だと思います。松浦さんはどのように克服したのですか?
松浦
精神論でしかないのですが、「やるしかない」気持ちですね。当然ですが、商業誌で描くという選択をした以上、掲載する商業誌のペースで描いていかないと連載なんてできないんです。そこで尻込みしていたら、いつまでも経っても「新人」のままで前に進めないのかなと。
漫画家は自営業なので、自分の行動は自分で裁量を決められますが、会社は違いますよね。出版社・印刷所と関わっていく以上、色々な人たちを経て読者の人に自分の漫画が届くので、その責任は常に持っていたいですね。

——そのほかに漫画を描く上で、大事にしていることはありますか?

松浦
読者の存在を意識しながら漫画を描こうとしています。実際、どれだけ自分が伝えたいことを漫画に織り込んでも、読者に伝わる部分は少ないのですが、伝えようとする作り手側の意識は絶対に大切です。その意識を持っているから、漫画をどう工夫して見せていくか試行錯誤し面白さを追求していけるんだと思います。

——デビューしてよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?

松浦
お金とか言っちゃダメですよね(笑)。でも、自分の好きなことが仕事に、なんて出来るわけがないと思っていたので、本当に自分の漫画が仕事になって、それでお金をいただけることってとても幸せなことです。


先輩としてのアドバイス

——新人賞を受賞する漫画に必要なモノは何だと思いますか?

松浦
例外はもちろんありますが、読みやすさだと思います。自分の見せたいものを「削る」作業をしてどれだけ純化できるか。
あと、自分の好きなモノを漫画というエンタメの形にどう落とし込めるのか、自分が本当に伝えたいことがあるとしたら、それを「漫画」という手段を使ってどう描くのか。その部分が大事になってくると思っています。

——最後に、これからイブニング新人賞に応募する方々へひと言アドバイスを!

松浦
私は、キャリアが4年ほどしかありませんので、連載を続けていく秘訣など知るはずもなく、むしろ教えてほしいです。審査員長をやること自体もおこがましいのですが、過去に2度イブニング新人賞を受賞させていただいたので、その部分だけでは先輩面をしてもいいのかなと思い、2~3個上の先輩ぐらいな立場でのアドバイスができればと今回審査をやらせてもらうことにしました。
私を『累』の作者だと意識せず、ただひたすらに自分の好きなことを描いてきてください!!




  • 累 —かさね— (10)

    イブニング

    累 —かさね— (10)

    松浦だるま

    発売日:2016/12/22
    定価:本体590円(税別)

イブニング

イブニング

イブニング2017年8号
2017年03月28日発売
定価:本体352円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

アクセスランキング

  • 第1位

    イブニング

    五佰年BOX

    宮尾行巳

    Webで読む

  • 第2位

    イブニング

    いぬやしき

    奥浩哉

    Webで読む

  • 第3位

    イブニング

    累 —かさね—

    松浦だるま

    Webで読む

  • 第4位

    イブニング

    Op -オプ- 夜明至の色のない日々

    ヨネダコウ

    Webで読む

  • 第5位

    イブニング

    山賊ダイアリーSS

    岡本健太郎

    Webで読む

  • ペン太のこと(第2部)
  • 林明輝『ラーメン食いてぇ!』

イブニング

イブニング

イブニング2017年8号
2017年03月28日発売
定価:本体352円(税別)
発売中

[詳しくはこちら]
[単行本の情報]
[作品の情報]

「イブニング電子版」PC・スマホ・タブレットでいつでも読める!毎月第2・第4火曜日配信

アクセスランキング

  • 第1位

    イブニング

    五佰年BOX

    宮尾行巳

    Webで読む

  • 第2位

    イブニング

    いぬやしき

    奥浩哉

    Webで読む

  • 第3位

    イブニング

    累 —かさね—

    松浦だるま

    Webで読む

  • 第4位

    イブニング

    Op -オプ- 夜明至の色のない日々

    ヨネダコウ

    Webで読む

  • 第5位

    イブニング

    山賊ダイアリーSS

    岡本健太郎

    Webで読む

こちらもオススメ!

モーニング公式サイトへ